09月 ≪ 10月 / 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 11月

*CI

好きなことだけやればいいをモットーに♡

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

味噌汁の中 

=イン ザ・ミソスープってこんなお話だったのね・・・

先生に薦められた時は何か外人から見た日本はこんだけ変だぞっていうのが載ってる本(「ダーリンは外国人」みたいなやつ)だと思って、面白そうな本だなーと思ってたんだけど・・・

こんな殺戮の話だとは・・・
全然違うじゃん・・・

一個だけ、ニューヨークにタイムズスクエアってのがあり、それはタイムという会社(?)のビルがあるからそういう名前なんだけども、日本の新宿のタイムズスクエアは、タイムと関係ないのに何であんな名前なの?という話で、
「ああいうネーミングがかっこいいと思っているんだよ日本人は」
との回答に、
「あんな恥ずかしいこと、誰か知識人か何かが注意しろよ」
という外人のご指摘があったシーンがあり、
それが唯一のダーリンは外国人的な要素でしたw

ものすごい残酷な殺戮なんだけど何かフランクを憎めないというか、主人公のように不思議な感覚になって・・・
でも、恐かったです・・・

ホント、こんな話だと思わなかったので、心の準備ができていませんでした。。。
スポンサーサイト
なんでこんなにもジュースの自販機があるのだい?と聞くフランク。
殺戮の後に自販機の前でしゃがみこむ主人公(ケンジだっけ?)

これが印象的でした。

日常的非日常を体験した主人公を物語っていたと思いませんでしたか?
なんと皮肉めいているのだろうと感じずにはいられませんでした。
[ 2005/06/14 13:40 ] catalina [ 編集 ]
ふぉー確かに。
不思議な感じってのは日常的非日常を感じたからなのかも。
でもホントにね、もっとおちゃらけた話だと思ってたのょ・・・汗
[ 2005/06/14 23:57 ] CI [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://ci.blog8.fc2.com/tb.php/46-db700cc2



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。